広島産オリーブを軸とした地域の取り組みAki-no-Shima-no-Mi「安芸の島の実」プロジェクト

瀬戸内・広島県の主に島しょ部及び沿岸地域は、少雨で穏やか、台風被害が少ない、日照時間が多いなど、地中海に似た気候で、オリーブ栽培に適しています。そんな環境のもと、以下の定義に基づいて生産された広島産オリーブを「安芸の島の実」とネーミングしています。

【「安芸の島の実」の定義】

  1. 少雨で穏やか、日照時間が多い等、地中海に気候が似ている瀬戸内・広島県の主に島しょ部及び沿岸地域で栽培したオリーブ
  2. 土壌改良に広島名産の牡蠣ガラを使うなど、循環型農業としての取り組みを1 つ以上行っている生産者が栽培している
  3. 地元を愛し、オリーブを通して地域に貢献する活動をしている

「安芸の島の実」栽培や、それをとりまく活動が「安芸の島の実プロジェクト」です。「江田島オリーブファクトリー」をフラッグシップとして、栽培から収穫、加工、販売まで一環して行う6次産業化へ取り組み、また、オリーブを通じた地域活動を推進。広島産オリーブが広く全国、世界に認知され、地域の発展・活性化につながることを目的にアクションを起こしています。

オリーブ栽培の理想条件

日照量: 2,000時間以上/年
降水量:500~1,000mm/年
平均気温: 14~16℃/年

瀬戸内・広島県の平均気象条件

日照量:2,080時間以上/年
降水量:約1,000~1,600mm/年
平均気温:15℃/年

オリーブで地域を元気に!Regional activation地域との連携

「安芸の島の実」プロジェクトは、「オリーブで地域を元気にする」活動です。オリーブを通じて地域の雇用機会創出や景観保全を目指すほか、オリーブ栽培奨励の一助として栽培したオリーブの実を買い取るシステムを構築。また、アダプト活動やイベントなど、さまざまな地域連携に取り組んでいます。

主な地域連携活動

主な地域活動内容変更

●江田島市、呉市のオリーブ普及活動への供給(苗木提供)

●オリーブ栽培講習の実施(植付け、剪定)

●オリーブ収穫体験イベント開催

●稲作体験イベントの開催協力(田植え、収穫イベント)

●学校教育活動への協力(体験実習、社会見学受入)

●地域活性化イベント等の開催協力、施設貸出

●オリーブ振興を目的としたオリーブ講座の開催

●オリーブオイル普及活動(オリーブ料理教室の開催)

●江田島市の企業との連携活動