2021/8/1 Bread

【パンとオリーブオイル】 ごまの香りと岩塩の塩気がオイルとマッチ



おいしいパンはそのままでもおいしい。でも、オリーブオイルでさらにおいしさが引き立つこともありますよね。
そう語る私は、安芸の島の実のリブランディグを手がけたDynamite Brothers Syndicateのアートディレクター。無類のパン好きで、収穫・搾油経験があるほどオリーブオイル好きの私が、パンとオリーブオイルの〝おいしい出会い〟をご紹介します。

訪れたのは、NYに本店を構え、国内では東京・大阪・福岡に展開するベーカリー「THE CITY BAKERY」。まず選んだパンは、プレッツェルクロワッサン。ほんのり甘い生地と、ごまの香り×岩塩の塩気がやみつきになる看板商品です。早速、オリーブオイルをつけて一口。塩気とオリーブオイルの相性が良いのは想像通りですが、ごまの香ばしさにも合うのはちょっとした発見です。新鮮なオリーブオイル特有の苦味や辛味、青々しさによって、かすかな生地の甘さがよりハッキリと感じられます。

店員さんに薦められ、セモリナヨーグルトブレッドもチョイス。パスタ用のデュラム小麦とヨーグルトを使った、モチモチ食感なのに歯切れが良い人気のパンです。ヨーグルトの味はほとんどせず、小麦本来の甘みがたっぷり。フレッシュなオリーブオイルとのハーモニーを実感できます。

パンとオリーブオイル。それぞれ種類が変われば、組み合わせたときの味わいも変わる奥深い世界です。さあ、次はどんな出会いが待っているでしょう。


Profile
Dynamite Brothers Syndicate
編集思考とアートディレクションを軸足にしたデザインコンサルティングファーム。これまでグルメ誌からファッション誌、ライフスタイル誌まで数々の雑誌のアートディレクションを手がけ、現在はブランディング、コミュニケーションプランニングなど活動の幅を広げている。

一覧へ