2021/11/11 Bread

【パンとオリーブオイル】 調理パンもおいしくなるという幸せな発見


おいしいパンはそのままでもおいしい。でも、オリーブオイルでさらにおいしさが引き立つこともありますよね。安芸の島の実のブランディグを手がけるDynamite Brothers Syndicateのアートディレクターが、パンとオリーブオイルの〝おいしい出会い〟を紹介するこのコラム。今回訪れたお店は、東京・神奈川・大阪などで人気の「パンとエスプレッソと」です。

まず選んだのは、食べ切りやすいハーフサイズのバゲット、ドゥミ(写真奥)。低温長時間発酵で丁寧に引き出した小麦本来の味は、搾りたてエクストラバージンオリーブオイルの青々しいフレッシュな香りとよく合います。小麦とオリーブオイルの相性の良さを改めて感じられる組み合わせです。

プレーンなパンはもちろん、惣菜系のパンにも合うのがオリーブオイルの奥深いところ。たとえば、マスカルポーネ、ゴルゴンゾーラ、カマンベール、グラナパを乗せ、ベーコンとピーカンナッツをアクセントに仕上げた、オープンサンド 〜クワトロハニーベーコン〜(写真右)。甘じょっぱい味は、オリーブオイルの苦みや渋みによっていっそう引き立ちます。3種のきのこをガーリックオイルで炒めてベシャメルソースとエダムチーズを合わせた、クミン香るきのこフォカッチャ(写真左)も、ひとかけでおいしさがUP。こんなにマッチするとは、ちょっとうれしい驚きです。

パンとオリーブオイル。種類が変われば、組み合わせた味わいも変わります。さあ、次はどんな出会いが待っているでしょう。


Profile
Dynamite Brothers Syndicate
編集思考とアートディレクションを軸足にした唯一無二のデザインコンサルティングファーム。これまでグルメ誌からファッション誌、ライフスタイル誌まで数々の雑誌のアートディレクションを手がけ、現在はブランディング、コミュニケーションプランニングなど活動の幅を広げている。

一覧へ